初心者ブロガー必見!ブログのテーマとしてやってはいけない事!

初心者ブロガー必見!ブログのテーマとしてやってはいけない事! ブログ
初心者ブロガー必見!ブログのテーマとしてやってはいけない事!

こんにちわ、鈴木菜乃花です。初心者ブロガーさん向けに情報を掲載していますが、今回お届けするのはブログのテーマとして、してはいけないことです。

結論からいいますとそれは炎上商法です。

初心者ブロガー必見!ブログのテーマとしてやってはいけない事!

初心者ブロガー必見!ブログのテーマとしてやってはいけない事!

炎上(えんじょう、英: Flaming)とは、インターネット上において、不祥事の発覚や失言・詭弁などと判断されたことをきっかけに、非難・批判が殺到して、収拾が付かなくなっている事態や状況を指す。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教授の山口真一は著書の中で確立した定義は存在しないとしつつ、人物ないし企業が発した言動や行為に対して、インターネット上で批判的な発言が多数寄せられることと定義づけている。損害は心理的、経済的なものが発生しうる。

炎上 (ネット用語) - Wikipedia

炎上商法をしたくなる心理として誰かから注目を浴びたい、世間をあっと驚かせたいという心理が働きます。これは非常にリスキーでお勧めできない事です。

炎上商法がお勧めできない理由は?

炎上商法って一時期はやったわよね。

それでも炎上商法はもうお勧めできない。やめておいた方がいいね。

炎上商法をお勧めできない理由として特定の個人や団体等を利用して
誹謗中傷や名誉棄損などを繰り返し注目を集めたり法律すれすれの事を
好き好んでやるため非常にリスクが高くなってきてしまいます。

社会的信用やその人・自身や団体のブランド・イメージなどを損ねるだけでなく
周囲の人たちにも多大な迷惑をこうむる事が考えられるからです。

下の記事に関しても少し触れています。併せてご覧ください。

【初心者ブロガー向け】ブログ運営一か月目!アドセンス広告収益化達成の秘訣
ブログを運営して一カ月ほど経ったのでそのブログの運営についてお伝えします。クリック型広告でも収益化に成功しています。

あまりにも焦ってリスキーな事考えたり思いついたり実行するのはいいですが、あとになって大変なことになっていたりします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネット炎上の主な原因は?

まず一般的にネット炎上とは、ネット上で特定の対象に非難や批判、誹謗中傷が殺到する状態をいいます。日本での初の事例として、某電気メーカーで発生したクレーマー事件( 99 年)が挙げられます。同事件はマスメディアを介さずに、一般人がインターネットを使って世論を喚起できることを示した一方、企業側にとってはたったひとつの顧客の発言によって存続危機に追い込まれる事態になりかねないという顧客対応の大きな教訓となりました。

SNSが原因に? ネット炎上のメカニズムと事例まとめ « SNSマーケティングの情報ならガイアックス ソーシャルメディアラボ
今回、炎上発生のメカニズムや原因とともに...

上のブログにも記載されている通り一個人が企業・団体を相手にしてありもしなかった事をでっち上げたりして人々の興味関心を抱かせるケース。

または、一個人を陥れて著しく活動の制限を狭めたり・羞恥に晒したりして陥れる事で周囲の関心や興味を抱かせるケース。

又は、事実にない事をでっちあげて誇張するような表現を用いた放送や内容。

大昔で言えば大手メディアがヤラセという類のケースで視聴者の興味・関心を抱いていたのと同じになります。

この様なケースであれば一時期は興味を抱かせることはできますが、反感や嫌悪感を抱かせるケースも少なくありません。そうなった場合、その矛先となった相手からやり返しをされるケースも少なくないはずです。

炎上商法ではなくバズる記事やコンテンツ作りを心がける

日本語でいう「ブーン、ブンブン」の音から来た英語の擬声語で、騒音のほかガヤガヤした話し声なども示す(en:wikt:buzz)。buzzer(ブザー)に派生。 口コミを意味するマーケティング用語。 口コミを活用したマーケティングをバズマーケティングと呼ぶ。

バズ - Wikipedia

一般的にバズるというのは、面白い・感動する・泣ける・傑作と言った人のいい感情に訴えかけるコンテンツ作りの事を主に指して、SNSや口コミを主として一気にSNSやネット上で拡散されるコンテンツ作りの事を言います。

最後まで読んでね!!

最後まで読んでね!!

バズるコンテンツ作りの代名詞

今ネット上でも話題になっているくつざわさん。最近ものまねのテレビに出ていて評判にもなりましたね。

他にも、ワザと飛行機を逃してるような動画作りをしたり

笑えるようなマネージャーさんとのやり取りを晒したり


面白い様なツイートをしたり・・・

アンチをアンチと思わせないような素振りで炎上し兼ねない様なギリギリの際どい線でコンテンツ作りをしているのです。

炎上しそうでしないギリギリのラインでの近コンテンツ作り

これがバズる記事やコンテンツ作りのヒントになっているかもしれません。

まとめ

今回は炎上を狙ったコンテンツ作りをするのではなく、バズる様なネタやコンテンツ作りを日々心掛けて人気ブログやコンテンツ作りをこころがけましょうと言った事です。

ともかく炎上商法はやめましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました